ワイモバイル意外と良いかも?

WiFiルーターというとWiMAXで決まりでしょ!って考えている人は多いと思います。確かに通信制限のことを考えるとWiMAX一択です。

でも、世の中にはWiMAXが繋がらない、繋がりにくい場所に住んでいる人間もいるんです…そう、私です泣…

WiMAXの本契約前にお試しでレンタルしたら、家の中がほとんど繋がらない、出先でも屋内に入ると圏外になってしまうのです。ということで、泣く泣くWiMAXを選択肢から外しました。

第二候補だったワイモバイルをレンタルしてみたらさすがにLTEだけあって確実に繋がります。でも、気になる点が一つ。
それは容量の上限が月7GBまでとなっていることです。自宅は光ですが、私の性格上細かいことを気にする事は苦手ですし、嫌いなんです。

とは言っても他に選択肢はないので、ワイモバイルを契約することにしました。ネットから申し込んで3日ほど経ったら届きました。箱を開けてWiFiルーターの電源を入れて、ノートパソコンにWPAキーを打ち込んで接続します。

繋がってネットサーフィンしてみたら快適です。外でも圏外になることはまずありません。気になっていた通信量ですが、月5GB程度で収まっているので問題なさそうです。

月額料金はWiMAXとほとんど同じなので、コスト面でも満足しています。とりあえず2年間はなんとかなりそうです。

ワイモバイルもWiMAXと同様にMVNOサービスがたくさんあるので、キャンペーンや特典も会社によって違います。私自身も選ぶときにどこが良いか分からなかったです。そこで、ネットを活用して調べたところ参考になったサイトがあったので、ご紹介しておきますね。

参考サイト:ワイモバイルWiFiキャンペーン.biz

モバイルWIFIルーターと格安050IP電話

モバイルWIFIルーターがどんな代物なのかサッパリ?の頃から、クッキリ!になるまで、3ヶ月も掛かってしまいました。

丁度、DTMと云って、デジタル音楽ソフトで試行錯誤の3ヶ月とyoutubeにうっぴーするまでに要した3ヶ月と同様の感じでした。ネットの世界の言葉にはホトホト閉口してしまいますよね。

結局、把握出来たことの要点は、屋外と室内において、有線と無線の両方の活用スタイルがあって、伴にWIFIなる言葉が使用されている。

よって、有線ならば、線の上部を文字や写真のデータ通信に使用し、下部を電話の通話に活用している。よって、無線においても(点線のホースに例えるならば)同様スタイルを取っている。

従って、MVNO(簡単に云えばプロバイダのこと、但し、無線電波をドコモやKDDIからレンタルし、プロバイダサービスもする)は、通信と通話のサービス料金を個別に分けていて、ユーザーは、お好みでメニュー調整できるようになっている。

しかしながら、通話においては、これらの電話回路を利用せずに、インターネット回路の方式がある。これが所謂、050IP電話なるもので、固定電話では、基本料無料かつ通話料格安との電話会社がある。私はクレカ嫌いの関係で「ブラステル」と云う通信会社と契約している。支払システムはプリペードカードである。とにかく安い!のです。1ヶ月に1回程度の電話利用でのNTT基本料支払いから開放されたメリットには大きいものがある。

さらに、モバイルWIFIルーターは、2015年からドコモ先駆けで、1ギガ/3日の通信使用量制限も撤廃されました。1月当たりの使用量制限は未撤廃ですが、使用量制限をダラダラネット防止に活用すれば良いので、逆にメリハリネットになって良い部分も有ります。

以上を整理しますと、5200円/月→2100円/月の通信費と云うアッパレな結果をゲット出来た次第です。(初期投入費は半年ほどで回週可能との皮算用でっすぅ)

モバイルWiFiルーターって快適ちゃん!

2014年に片田舎町に移転する以前のマイネット環境は、ソフトバンクとnexyzbbとモデム永年割引のコラボにて格安adslの通信料でララだったのです。

されど、新転居地には、ソフトバンクadslさえもエリア外とのことで、フレッツadslと楽天ブロバン(メアドが10個までOK!)で何とかマイネットをキープしていました。

ところで、adslは電話線の活用スタイルなので、さして使用もしない固定電話に対し、約1500円/月利用料にバカバカしさを感じている方々も多いと聞きました。

その部分に同感する私としても、何か良きアイディアはないものか?との観点から様々検索の結果、最初にヒットしたのは、wimaxでした。でも、またエリア外なのです。

それでも、メゲズにチェックサーフィンしていましたら、ヤフー4Gがヒットしました。でもでもで~も、あ~ナント!エリア外なのでっすぅ。

もう意地になり、MVNO、WIFI、ルーター等など片っ端から調べていますと、「3.9G=LTE」にヒットし、エリアチェックを入れると、ナナナント!合~格~!だったのです。この点をクリア出来さえすれば、後は、端末機種とMVNOの選定だけ と云うことなのです。
(どうやら通信の新時代は「有線から無線へ」と云うストリームのようです。光ファイバーちゃんは一体どうなるのでしょうかねぇ?)

結局、端末機種はヤフオクでaterm-02をゲットしました。
コスパ的にも優れモノと云う気が致します。

また、MVNOは多数く調べて分かったのですが、クレカのみの会社がほとんどなのです。クレカ嫌いの私にとっては、この点から検索すれば、もっと短時間てMVNOセレクトできたのになぁとチョイ後悔したのでしたぁ。

高性能化が進行するモバイルWiFiルーター

モバイルWiFiルーターの性能は、着実に高まってきているのではないかと考えられています。実際にこのようなルーターを利用している人から、性能が良くなっていることを実感する声が多数挙がっており、良い傾向として認識されているのではないかと推測されています。

主に通信スピードが飛躍的にアップしたことが変化のポイントになっているため、様々な目的にモバイルWiFiルーターを活用できるようになったのではないかと思います。

複数の通信関連の企業からモバイルWiFiルーターを使う形式のデータ通信のサービスが展開されていますが、どのルーターを用いても高水準の通信速度を誇るようになってきています。

こうした点はルーターを活用するにあたり一番重要な点であると考えられる傾向が強く、高性能化の核になっていると言えるのではないでしょうか。

また、恒常的に安定した通信を行うことが可能である点も、モバイルWiFiルーターの高性能化の特徴のひとつとして取り上げられています。

滞りなくデータ通信ができる状況が常に維持されていくことにより、安定的に通信を続けられるとされています。長時間の通信も止まることなくできる場合が高い割合を占めているため、こうした点も良い点として認識されています。

モバイルWiFiルーターを利用するにあたっては、これらの性能の発達が高く評価され、これまで以上に利用される頻度も高くなることに繋がっていくのではないでしょうか。

モバイルWiFiルーターのサービス

現在では、モバイルWiFiルーターのサービス会社は、複数存在するようになり始めているのではないかと考えられています。

多くの業者がWiFiの通信サービスに参画するようになってきているとされていることから、利用者も着実に増加してきつつあるのではないかと思います。このような形で、モバイルWiFiルーターのサービスを提供する業者が増加していくことにより、様々な地域で高速データ通信を利用する人が多くなると推測されています。

モバイルWiFiルーターの性能が高くなってきていることが現在では多く注目を集めていますが、サービスを提供する業者によって性能に違いが見受けられているのではないかと考えられています。

かつてに比べてこの傾向は徐々に小さなものとなっているため、どの業者のルーターを利用しても安定的な通信ができると言えるのではないでしょうか。高い頻度でモバイルWiFiルーターを起動して利用する人々からは、このような傾向は強く歓迎されるのではないかと思います。

今後はより多くの業者から、モバイルWiFiルーターのサービスが提供されるようになっていくものと予測されています。現在に比べてルーターの性能や品質などが高くなることに繋がっていくと予測されているため、関心の度合いが高くなってきているのではないかと推測されています。

新規にWiFiルーターを利用する人々からは、どの業者のものを利用するかが主体的に選択されるのではないかと考えられています。

若い人から積極的に利用されるWiMAX

現在では、主に若い年代の人たちからWiMAXが積極的に利用されるようになり始めていると推測されています。

最もポピュラーなWiFiのサービスの一種として地位が確立されてきており、メインユーザーである若い年代の人からの積極的な利用が目立ってきています。このような傾向は幅広い地域で確認されるようになり、WiMAXが飛躍的に普及する動きの根幹となっているのではないでしょうか。

かつてに比べても、WiMAXを利用している若年層の割合は着実に向上してきているため、多岐にわたる分野や業界において話題となり始めています。

恒常的に安定した通信を実現することの可能なWiFiのサービス形態でもあることから、データ通信をよく利用する若者からの支持を確実に集めていると言えるでしょう。

他のWiFiのサービスには見受けられていない特性でもあり、WiMAXのサービス自体が大きくクローズアップされるきっかけになっているとみられています。

今後も若い年代層の人たちから、WiMAXがより積極的に利用されるのではないかと思います。これまで以上に充実した内容のサービスが展開されることが予測されている上、安定的な通信の性能に磨きが掛けられると考えられているためです。

WiFiのサービスを高い頻度で利用している年代層でもあることから、WiMAXを有効に活用するのではないでしょうか。こうした動向は全国の複数の地域で見受けられると考えられており、大きく期待されるようになると推測がなされています。