モバイルWIFIルーターと格安050IP電話

モバイルWIFIルーターがどんな代物なのかサッパリ?の頃から、クッキリ!になるまで、3ヶ月も掛かってしまいました。

丁度、DTMと云って、デジタル音楽ソフトで試行錯誤の3ヶ月とyoutubeにうっぴーするまでに要した3ヶ月と同様の感じでした。ネットの世界の言葉にはホトホト閉口してしまいますよね。

結局、把握出来たことの要点は、屋外と室内において、有線と無線の両方の活用スタイルがあって、伴にWIFIなる言葉が使用されている。

よって、有線ならば、線の上部を文字や写真のデータ通信に使用し、下部を電話の通話に活用している。よって、無線においても(点線のホースに例えるならば)同様スタイルを取っている。

従って、MVNO(簡単に云えばプロバイダのこと、但し、無線電波をドコモやKDDIからレンタルし、プロバイダサービスもする)は、通信と通話のサービス料金を個別に分けていて、ユーザーは、お好みでメニュー調整できるようになっている。

しかしながら、通話においては、これらの電話回路を利用せずに、インターネット回路の方式がある。これが所謂、050IP電話なるもので、固定電話では、基本料無料かつ通話料格安との電話会社がある。私はクレカ嫌いの関係で「ブラステル」と云う通信会社と契約している。支払システムはプリペードカードである。とにかく安い!のです。1ヶ月に1回程度の電話利用でのNTT基本料支払いから開放されたメリットには大きいものがある。

さらに、モバイルWIFIルーターは、2015年からドコモ先駆けで、1ギガ/3日の通信使用量制限も撤廃されました。1月当たりの使用量制限は未撤廃ですが、使用量制限をダラダラネット防止に活用すれば良いので、逆にメリハリネットになって良い部分も有ります。

以上を整理しますと、5200円/月→2100円/月の通信費と云うアッパレな結果をゲット出来た次第です。(初期投入費は半年ほどで回週可能との皮算用でっすぅ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です